富山の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、富山県富山市の横倉行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 業務日誌 » 封印制度 | 富山車庫証明・名義変更手続きセンター

封印制度

2017/07/14

登録をしてナンバープレートの交付を受けた自動車(登録自動車)は、道路運送車両法11条および道路運送車両法施行規則8条により、後ろのナンバープレートの左側に封印を取り付けなければなりません。封印の取り付けは国土交通大臣または国土交通大臣から委託を受けた者が行います。

封印取付の受託者

封印の取り付けについては、国土交通大臣(運輸支局等)は直接は行ってはおらず、道路運送車両法28条の3の規定により、国土交通大臣より委託を受けた者(受託者)が行っていることが一般的です。

【受託者】

種別 受託者の事業形態 委託範囲
甲種 乙種、丙種、丁種以外の受託者
(富山県の場合は(一社)富山県自動車整備振興会)
すべての手続き
乙種 完成検査終了証のある自動車の販売業者
(新車ディーラー)
・自ら販売する自動車にかかる新規登録
・変更登録または移転登録(※当該自動車の登録番号が変更されるものに限る。)
・ナンバープレートの滅失・毀損、再交付、交換にかかる封印
・封印の滅失・毀損にかかる封印
・整備等のための取り外しにかかる封印
丙種 (一社)日本中古自動車販売協会連合会の会員のうち中古自動車の販売を業とする者を構成員とする団体
(各都道府県の中古車販売団体)
・自ら販売する自動車にかかる新規登録
・変更登録または移転登録(※当該自動車の登録番号が変更されるものに限る。)
・ナンバープレートの滅失・毀損、再交付、交換にかかる封印
・封印の滅失・毀損にかかる封印
・整備等のための取り外しにかかる封印
丁種 行政書士会 ・所属する行政書士が他人の依頼を受け報酬を得て運輸支局等に提出する書類を作成した自動車(※乙種受託者および丙種受託者の構成員の販売する自動車を除く。)について、当該自動車の提示に代えて予備検査証、保安基準適合証等の提出により新規登録を受ける場合
・所属する行政書士が他人の依頼を受け報酬を得て運輸支局等に提出する書類を作成した自動車(※乙種受託者および丙種受託者の構成員の販売する自動車を除く。)について、変更登録または移転登録を受ける場合(※当該自動車の登録番号が変更されるものに限る。)
・ナンバープレートの滅失・毀損、再交付、交換にかかる封印
・封印の滅失・毀損にかかる封印
・整備等のための取り外しにかかる封印

※平成29年4月より、丁種として各都道府県の行政書士会が封印取付受託者として新たに定められました。しかし、富山県については、その実務にかかる詳細等が現時点では整っていないと思われるため、丁種の名において、その所属する各行政書士が封印を実際に行えるようになるまでには、まだある程度の期間がかかることが想定されます。

封印を取り付ける場所

受託者は、封印取り付け責任者が常駐し、必要な施設を備えた事業場において封印の取り付けを行うものとされております。ただし、これには例外規定も定められております。

【例外】

施封センター方式 乙種受託者は、封印の取り付けを、複数の受託者が共同で設置した施設においても行うことができるものとされております。
巡回施封方式 丙種受託者および丁種受託者は、構成員である自動車販売事業者の店舗または所属する行政書士の事務所においても封印の取り付けを行うことができるものとされております。
出張封印方式 受託者は、上記のほか、事業場等への自動車の持ち込みによる申請者の負担を軽減するため、封印の取り付けを対象となる自動車の保管場所等において行うことができるものとされております。

※乙種受託者または丙種受託者は、使用者の住所変更による変更登録、ナンバープレートの滅失・毀損、再交付、交換にかかる封印、封印の滅失・毀損にかかる封印、整備等のための取り外しにかかる封印の場合に限る。

封印作業の再委託

それぞれの受託者は、ユーザーの利便の向上を図る上で必要があると認めるときは、封印の取り付け作業を別の者に再委託することができます。

【甲種受託者】

甲種受託者は、左欄に掲げる者に対して、右欄に掲げる作業を、甲種受託者の名において行わせることができます。

作業者 作業範囲
日本自動車輸入組合の輸入自動車販売事業者 輸入車特別取扱制度の一環として出張予備検査を行った自動車の新規登録に伴う封印の取り付け作業
自動車登録業務に十分精通した行政書士 ・他人の依頼を受け報酬を得て運輸支局等に提出する書類を作成した自動車(※乙種受託者および丙種受託者の構成員の販売する自動車を除く。)について、当該自動車の提示に代えて完成検査終了証、予備検査証、保安基準適合証等の提出による新規登録に伴う封印の取り付け作業
・他人の依頼を受け報酬を得て運輸支局等に提出する書類を作成した自動車(※乙種受託者および丙種受託者の構成員の販売する自動車を除く。)について、変更登録または移転登録に伴う封印の取り付け作業(※当該自動車の登録番号が変更されるものに限る。)
・ナンバープレートの滅失・毀損、再交付、交換にかかる封印
・封印の滅失・毀損にかかる封印
・整備等のための取り外しにかかる封印
指定整備事業者 ・自ら販売する中古自動車の新規登録に伴う封印の取り付け作業
・変更登録または移転登録に伴う封印の取り付け作業(※当該自動車(※乙種受託者および丙種受託者の構成員の販売する自動車を除く。)の登録番号が変更されるものに限る。)
・ナンバープレートの滅失・毀損、再交付、交換にかかる封印
・封印の滅失・毀損にかかる封印
・整備等のための取り外しにかかる封印
車体整備事業者 ・変更登録または移転登録に伴う封印の取り付け作業(※当該自動車(※乙種受託者および丙種受託者の構成員の販売する自動車を除く。)の登録番号が変更されるものに限る。)
・ナンバープレートの滅失・毀損、再交付、交換にかかる封印
・封印の滅失・毀損にかかる封印
・整備等のための取り外しにかかる封印

【乙種受託者】

乙種受託者は、下記の者に、乙種受託者の名において行わせることができます。

  • 自動車登録業務に十分精通した行政書士
    ※出張封印も可能
  • (一社)日本自動車販売協会連合会
    ※新規登録手続きをOSSにて申請を行う場合に限る

【丙種受託者】

丙種受託者は、下記の者に、丙種受託者の名において行わせることができます。

  • 団体の構成員
  • 自動車登録業務に十分精通した行政書士
    ※出張封印も可能

【丁種受託者】

丁種受託者は、下記の者に、丁種受託者の名において行わせることができます。

  • 自動車登録業務に十分精通した行政書士

封印の取り付け

  • 道路運送車両法施行規則

    (自動車登録番号及び車台番号の確認)
    第十五条の二  封印取りつけ受託者は、当該自動車に取りつけられた自動車登録番号標に記載された自動車登録番号及び当該自動車の車台番号が当該自動車検査証に記載された自動車登録番号及び車台番号と同一であることを確認した後でなければ、封印の取りつけをしてはならない。

上記により、封印を取り付ける際は、自動車に取り付けられたナンバープレートと車台番号が、車検証に記載されている内容と合っているかどうかを確認しなければなりません。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@car-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab