富山の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、富山県富山市の横倉行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 車庫証明取得手続き » 車庫証明申請手続きの流れ | 富山車庫証明・名義変更手続きセンター

車庫証明申請手続きの流れ

1.必要書類を揃えて警察署へ申請

申請に必要な書類がすべて揃ったら、保管場所の位置を管轄している警察署へ行き、申請窓口へ提出します。書類を提出すると係りの人が申請書類一式をチェックします。記載内容に不明瞭な点があると質問されるので、答えられるようにしておきましょう。 (参考)軽自動車の車庫届出

次に、2,200円分(軽自動車の場合、不要)と500円の収入証紙を買うよう指示されますので、購入し所定の位置に貼り付けます。(※上市警察署については、警察署内で収入証紙を購入することができません。近くに収入証紙を売っている簡易郵便局がありますので、そちらで購入すればよいでしょう。)


受付が終わると「自動車保管場所証明書」等の出来上がる日時が知らされますので、その日時以降に受け取りに行きましょう。

※富山県の場合、受付票のようなものは警察署より交付されません。

富山県の場合は、管轄する警察署により異なりますが、書類に不備がなければおおむね中1日、中2日で車庫証明書が交付されます。

申請から交付までの日数に関してはこちらを参考にしてください。

  • 新車で申請時に車台番号がまだ確定していない状態で申請をする場合

    この場合は、車台番号を記入してからでないと車庫証明書等は交付されません。また、富山県の場合は、車台番号の記入と同時には交付されずに、多くの場合、通常の場合の申請期間に1日加算した期間が経過する日以降に交付となりますので、通常の場合よりも日数がかかりますし、また1回余分(申請時、車台番号記入時、交付時の計3回)に警察署に行かなければならないことになります。

2.現地調査(登録自動車のみ)

警察から現地調査に係る事務を委託された者により、保管場所に関する現地調査が行われます。

(しかし、当事務所の経験等から判断するに、すべての申請において現地調査が行われているわけではないように感じます。)

3.車庫証明書等の交付

所定の期日に申請窓口へ行くと、「自動車保管場所証明書」「保管場所標章番号通知書」「保管場所標章」(車の後面ガラスの左下に貼り付ける丸いステッカー)が交付されます。
※軽自動車の場合は、「自動車保管場所証明書」はありません。

所定の箇所に警察署の印が押されているか等を確認し、問題がなければ2冊(軽自動車の場合は1冊)の管理ファイルに日付と受取人の氏名(名称)を記入し、これらを受領します。

  • 警察側の管理について

    各警察署の方では、車庫証明の申請を下記項目によって管理しております。車庫証明受領時には、下記項目欄に記載されている氏名(名称)分を受領しに来た旨申し出ます。

    • 申請書(届出書)の連絡先欄 ・・・・・ 富山中央警察署、射水警察署、高岡警察署
    • 申請者(届出者)欄 ・・・・・ 上記以外の警察署

これで手続きは終了です。「保管場所標章」は車に貼り付け、「保管場所標章番号通知書」は車検証と一緒に大切に保管しておきましょう。「自動車保管場所証明書」は富山運輸支局での手続きの際に必要になります。

ちなみに、申請した車両の情報に誤りがあった場合は、交付前であれば訂正で対応することができます。たとえば申請書に記載した車両の寸法が実際より過大であった場合は、訂正後、すぐに交付してもらうことができる場合がありますが、申請書に記載した車両の寸法が実際よりも小さかった場合は、再度、現地調査を行わなければならない場合もある関係上、すぐには交付してもらえない場合もあるようです。

上記に対して、申請書に誤った情報を記載して交付を受けてしまった車庫証明書をとりなおす場合については下記ページをご覧ください。

※交付された車庫証明書の記載内容に誤りがあった場合

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@car-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab