富山の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、富山県富山市の横倉行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 業務日誌 » 手続き中に交通安全協会等からよく問い合わせがくる内容 | 富山車庫証明・名義変更手続きセンター

手続き中に交通安全協会等からよく問い合わせがくる内容

2017/09/12


車庫証明の申請・届出後に交通安全協会・警察から電話がかかってきて、よく問い合わせを受ける内容等には、大きく分けて下記のようなものがあります。

  1. 保管場所の所有者・管理者が違っているので、自認書・承諾書を差し替える必要がある。
  2. 台数オーバー(以前、この場所で車庫証明をとった、あの車、この車は現在あるのか?等)
  3. 保管場所の所有者・管理者が前回の方とは違うけど、名義が変わったのか?

上記以外のことについても時々問い合わせを受けることもありますが、交通安全協会等からの問い合わせの電話は、ほとんどが上記のようなことです。

したがって、車庫証明の手続きをスムーズに終えようと思えば、事前に上記の事柄について正確に把握し、万全の状態を整えた上で申請・届出をするということが大切になってきます。

保管場所の所有者・管理者間違い

これについては、交通安全協会等から言われた場合は、基本的には、自認書や承諾書を差し替えるしかないでしょう。これを交通安全協会等側から言ってくる場合は、基本的には、交通安全協会等が申請者等に確認の上、言ってきていると考えられます。申請者等に確認した後、こっち側に言ってきているのですから、こちらとしてもそれを突っぱねることはできないでしょう。

確認方法としては、おそらく、不動産登記事項証明書等によって確認しておられるのではなく、あくまで、申請者等に対する口頭による聞き取りのみだと思われますので、本当にそれが正しいのか?という疑問は残りますが、こちらとしても、わざわざ不動産登記事項証明書等を取得して、本当に所有者等が間違っているのか?等を確認することは現実的ではないため、この件については、基本的には、交通安全協会等から所有者・管理者が違うというような電話がかかってきた場合には、それに従うことが賢明であると思われます。

台数オーバー

これについては、申請・届出する側が事前にどれだけしっかり正確に確認したかということが関わってきます。したがって、申請・届出をスムーズに行おうと思えば、この点については事前にしっかり正確に確認する必要があるでしょう。

この点に関しては、保管場所が主に一戸建ての場合に関わってきます。アパート・マンション等は不特定多数の人間が頻繁に出入りするため、交通安全協会等側としても、保管場所に現在どのような車が停まっているのかなどを正確に管理することは現実的ではないのではないかと思われます。

台数オーバーなどという言葉が意味するところは、交通安全協会等側が把握している、その敷地の総駐車可能台数に対して、書類管理上もうすでにその台数分の車庫証明がとられているので、今回申請・届出した車については、その敷地についてはこれ以上車庫証明をとることができないという意味であると思います。

おそらく、この点については、現状確認した上で言ってきているのではなく、あくまで書類管理上(特に台数に関して)の話であると思われますので、「現状確認もせず何が台数オーバーだ」と思う部分もありますが、まあそのようなことで、台数オーバーなどという言葉とあわせて、過去にその敷地で車庫証明を取得した車は現在あるのか等という確認についての問い合わせがくるのです。

もちろん交通安全協会等側も申請者・届出者側に上記のような報告を求めることは法律的にも認められているため(車庫法12条)、したがって、申請・届出をスムーズに進めようと思えば、この点に関しては、こちら側も迅速・正確に報告した方がよいということになります。警察側としても必要事項に関する聞き取りができないうちは車庫証明を交付できませんから、こちら側の回答が遅れるとその分交付までに時間がかかることになります。

この点に関しては、ほとんど日本全国共通している話(いわゆる、今回の申請・届出が新規なのか代替なのか増車なのか等)ですし、我々のような行政書士等としても、事前にしっかり正確に申請者等から聴取しておくことが、申請・届出をスムーズに終えるためのポイントということになるでしょう。

この点に関する保管場所が一戸建ての場合の現況確認をどのように行えばよいのかということについては、参考までに下記ページをご覧ください。

とはいえ、この点については、何か証明する資料の提出が必要ということでもなく、あくまで口頭にて伝えるだけですので、そこまで厳格に求められるものでもなく、これまでの経験上、時には現状と異なる処理が行われている場合もあるようですし、また、申請・届出する側もすべて正確な情報を毎回提供しているなんてことは現実的には難しいであろうと思われます。

警察・交通安全協会側としても、何のチェックもなく手続きを進めてしまうと、中には悪意のあるケースの手続きを進めてしまう恐れがあるため、最低限の確認をしているというような感じであると思われます。

保管場所の所有者・管理者が前回の方とは違う

この点については、基本的には、交通安全協会等側も単なる問い合わせという感じで聞いてこられます。もちろん、所有者・管理者が実際提出済みの内容と違っている場合は、自認書・承諾書の差し替えを求められますが、問い合わせの段階では、ただ単に確認する意味として聞いてこられているだけであると思います。

したがって、事前に提出した自認書・承諾書の内容に間違いがなければ、その旨口頭で伝えるだけですし、即答できなければ、依頼人を通して確認し、後程、その旨交通安全協会等側に口頭で伝えれば済む話です。基本的には不動産登記事項証明書等の提出を求められるわけではありません。

しかし、依頼人等に確認した結果、もし実際と違っていた場合は、もちろんその旨も交通安全協会等側に伝えて、自認書・承諾書の差し替えをすることも必要です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@car-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab