富山の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、富山県富山市の横倉行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 業務日誌 » 自動車税申告時に古物商許可証コピーが必要となる場合 | 富山車庫証明・名義変更手続きセンター

自動車税申告時に古物商許可証コピーが必要となる場合

2020/12/10


下記のすべてに当てはまるような場合には、所有者になる方の古物商許可証のコピーが必要になります。

  1. 使用者課税とする場合
  2. 所有者になる方が自動車販売業者等である場合
  3. 自動車税センターにて、上記2の方が自動車販売業者等として登録されていない場合

上記すべてに当てはまるような場合には、自動車税センターでの税の申告の際に所有者になられる方の古物商許可証のコピーが必要になります。自動車税センターの方に聞いたところ、もしもその場で持参されておらず、すぐにその場でFAX等で送ってもらうなどして確認ができない場合には、使用者課税にはできないとのことです。

上記以外の場合にも、商品者(自動車販売業者の販売のための自動車の取得)として税の申告を行う際にも、古物商許可証コピー等の書類の提出等の手続きが必要になります。

【見本 古物商許可証】

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@car-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab