富山の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、富山県富山市の横倉行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 業務日誌 » 福祉車両等に対する自動車税の減免 | 富山車庫証明・名義変更手続きセンター

福祉車両等に対する自動車税の減免

2020/12/10


富山県では、次の自動車などを対象に、一定の要件のもと、自動車税(環境性能割・種別割)を課税免除または減免する制度を設けています。

  1. 福祉の目的に使用される自動車
  2. NPO法人が所有する自動車
  3. 自動車学校の教習車や交通安全協会の広報自動車

詳しくは下記ページをご覧ください。

令和2年11月

令和2年11月に、福祉の目的に使用される自動車について、税の減免申請を行いました。

依頼人(県外の行政書士事務所様)において、事前に必要書類(申請書、自動車使用計画書)をインターネットからダウンロードしたうえで作成されており、また、事前に依頼人と富山県の自動車税センターとの間で電話により話がされておりましたので、当事務所としてはほぼ書類を持参するだけでした。

今回は中古新規登録手続きと合わせて税の減免申請をする形でした。下記の流れで手続きを行いました。

  1. 自動車税センターにて事前審査

    上記HPからダウンロードできる資料に、「登録前に、自動車税センターで、必要書類等の事前審査を受けてください。」とあることから、まず初めに自動車税センターに立ち寄り事前審査を受けました。

    提出した書類は申請書と自動車使用計画書になります(登録書類一式も併せて提示)。今回は法人での申請でしたが、上記HPからダウンロードできる資料には、事前審査時に、申請書と自動車使用計画書のほかに、定款や施設概要書(パンフレット・チラシ等)等が必要書類として載っておりますが、それらは後日、郵送により自動車税センターに送付するということで、事前の依頼人と自動車税センターとの間の電話で調整済みになっていたようです。

    したがって、自動車税センターから、そのための返信用封筒をいただきました。また、事前審査された申請書と自動車使用計画書はいったんこちら側に帰ってきました。登録後に、再度、税の申告書と一緒に自動車税センターに提出することになります。

    事前審査後は、申請者側に残る書類ということについては、何も言わないと何の控えも渡されないので、必要に応じてコピーを取ってもらうよう請求しましょう。当事務所もそのようにして、事前審査後の申請書と自動車使用計画書のコピーをもらいました。

  2. 富山運輸支局での登録手続き
  3. 税の申告書提出時に、1で事前審査された書類(申請書、自動車使用計画書)と車検証コピーを自動車税センターに提出

    車検証コピーについては、こちらからコピーを提出というよりも、実際には、自動車税センターの方でコピーを取っていってくれる形になります。

    税の減免手続きについては、これにて本日行う部分については完了で、あとは、後日、申請者から定款や施設概要書(パンフレット・チラシ等)等が自動車税センターへ送付されるという形になりました。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@car-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab