富山の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、富山県富山市の横倉行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 業務日誌 » 車検証再交付|破産 | 富山車庫証明・名義変更手続きセンター

車検証再交付|破産

2018/07/24

使用者が、破産手続きが開始された会社の場合の車検証の再交付手続き

車検証上の使用者が、破産手続きが開始された会社である場合、車検証の再交付手続きに必要な書類は下記のようになります。

必要書類

※登録自動車の場合で代理人が申請する場合。車検証が紛失している場合。

  1. 申請書(OCRシート第3号様式)
  2. 手数料納付書
  3. 委任状
  4. 理由書
  5. 破産管財人の証明書
  6. 代理人の運転免許証や健康保険証などの身分証明書

通常のケースの車検証再交付手続きの場合とほぼ同一ですが、1点異なるのは、裁判所が発行する破産管財人の証明書(原本)の提出が必要ということです。

通常のケースにおける必要書類については下記ページをご覧ください。

各書類への記入に関して

申請書
(OCRシート第3号様式)
・「使用者」欄に、破産者の名称・破産管財人の氏名・破産管財人の住所を、破産管財人の証明書に記載されている内容と同じように記入します。

(例)
破産者 ○○○○株式会社
破産管財人 弁護士 ○○○○
富山市○○○○○○○○

手数料納付書 ・「所有者または使用者の氏名又は名称」欄に、破産者の名称を記入します。
委任状 ・「委任者」欄に、破産者の名称・破産管財人の氏名・破産管財人の住所を、破産管財人の証明書に記載されている内容と同じように記入し、破産管財人の届出済みの印鑑(破産管財人の証明書と同一の印鑑)を押印します。
理由書 ・下部の「住所・氏名」欄に、破産者の名称・破産管財人の氏名・破産管財人の住所を、破産管財人の証明書に記載されている内容と同じように記入し、破産管財人の届出済みの印鑑(破産管財人の証明書と同一の印鑑)を押印します。

※各書類の上記項目以外の記入方法については、下記ページをご覧ください。

書類の記入例等

申請書(OCRシート第3号様式)

手数料納付書

委任状

理由書

破産管財人の証明書

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@car-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab