富山の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、富山県富山市の横倉行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 業務日誌 » 承諾書を自認書に変換 | 富山車庫証明・名義変更手続きセンター

承諾書を自認書に変換

2017/12/26


車庫証明(車庫届出)の手続きにおいて、自分所有の土地等を保管場所として申請・届出する場合は「自認書」を、自分以外(他人)の土地等を保管場所として申請・届出する場合は「承諾書」を、申請書・届出書に添付して手続きをします。

当事務所は年間数多くの車庫証明の申請(車庫の届出)手続き代行・代理の依頼を、主に県外の業者様からいただくのですが、ごくごく稀に、自分所有の土地等で手続きをするので「自認書」の添付が必要なところ、誤って「承諾書」(下記様式)の形式で書類が当事務所に送られてくることがあります。

手続きにおいて、正しくは「自認書」が必要なところ、誤って上記のような様式の「承諾書」を準備してしまっても、下記のように追記して、「承諾書」を「自認書」に変えることによって、手続きにそれを使用できるようになります。

平成27年10月 富山中央警察署に申請した際のこと

上記赤枠の部分を追記して申請いたしました。本コンテンツ作成のときよりもずいぶん前になりますので、確かな記憶ではないかもしれませんが、手続き時においては特に何も言われた記憶はなく、通常通りに手続きが完了したと思います。

平成29年12月 高岡警察署に申請した際のこと

上記赤枠の部分を追記して申請いたしました。申請手続き時において、はじめ、車庫証明の提出窓口の女性の方より、「この自認書ではダメ。」「申し訳ないけどこれは受け付けられない。」「これは初めてだ。」等と言われましたが、こちらの言い分(「(追記した部分については)もともと印刷されているか手書きしたかの違いだけ(書類の意味に違いはない)。過去に他の警察署では通った。」等という旨」)を少し言いましたら、数分(他の方に確認された)後、「これで受け付けます。」ということになりました。

その後は特に何事もなく手続きは完了いたしました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@car-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab